日本とは何かということ : 宗教・歴史・文明

司馬 遼太郎;山折 哲雄【ほか著】

海図なき不確定な時代、物狂いする異様な時代を、どう生きるのか。日本人の倫理の課題を思索しながら、宗教のこと、歴史のこと、そして民族問題、人類文明のことなど、古往今来のさまざまを、痛切な想いで語り合った最後の大型対論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 宗教と日本人-自然のなかの神と仏
  • 第2部 日本人の死生観-「天然の無常」ということ
  • 第3部 宗教と民族-なぜ対立を生むのか
  • 第4部 付論(1)「道徳的緊張」-司馬遼太郎の文明論
  • 第5部 付論(2)裸眼の思索者
  • 第6部 付論(3)『故郷忘じがたく候』『坂の上の雲』のことなど

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本とは何かということ : 宗教・歴史・文明
著作者等 司馬 遼太郎
山折 哲雄
松原 正毅
米山 俊直
書名ヨミ ニホントハナニカトイウコト : シュウキョウレキシブンメイ
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1997.3.20
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4140803037
NCID BA30206009
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想