噛まない子は本当にだめになる : 子どもの心と体を育む"噛む食育"のすすめ

斎藤 滋【著】

[目次]

  • 第1部 学校給食を子どもたちの心を育む「噛む食育」の場に(「O157禍」で見直し迫られた学校給食
  • 毎日の食事が子どもの心を豊かにする
  • 学校給食で心を育てる「噛む食育」を
  • 子どものときから噛む習慣を)
  • 第2部 しっかり噛んでおいしく食べることの効用(なぜ子どもは噛まなくなったのか
  • 栄養のとり込みを左右する歯根膜
  • 古代人にとって噛むことは命だった
  • 消化吸収と異物排除の効果もある ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 噛まない子は本当にだめになる : 子どもの心と体を育む"噛む食育"のすすめ
著作者等 斎藤 滋
書名ヨミ カマナイコハホントウニダメニナル : コドモノココロトカラダオハグクムカムショクイクノススメ
出版元 風人社
刊行年月 1997.3.25
ページ数 198p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4938596091
NCID BA2996524X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想