日本列島クーデター計画

柘植 久慶【著】

麻原彰晃が唱えた最終戦争「ハルマゲドン」のシナリオを軍事的側面から徹底検証。実際にクーデターを成功させるだけのポテンシャルがあったのか、また計画が進行した場合、具体的にどのような被害が想定されたのかを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宗教団体からテロ団体への変貌
  • 第2章 ハルマゲドンのシナリオ
  • 第3章 オウムの資金源
  • 第4章 武装化はどう進められたか
  • 第5章 戦闘能力の分析
  • 第6章 クーデター成功の可能性
  • 第7章 実行された場合の被害
  • 第8章 失敗の原因
  • 第9章 クーデターはこう計画する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本列島クーデター計画
著作者等 柘植 久慶
書名ヨミ ニホンレットウクーデターケイカク
出版元 ヒカリコーポレーション
刊行年月 1996.12.20
ページ数 209p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 489458073X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想