鈍色の邂逅

丹羽 昌一【著】

中米の小国、パライソ。日本大使館・二等書記官の波間三郎は四十を過ぎて、アルコールに人生をまぎらわす生活を送っていた。そんなある日、合弁企業の邦人、谷田部貞造副社長が誘拐され、直後に過激派の犯行声明がマスコミに届けられた。小国を襲った大事件は大使館を巻き込み、波間が身代金の引き渡し役をつとめることになる。しかし波間は、何者かの妨害のため引き渡しに失敗、谷田部は遺体で見つかる。かつての波間の憧れの女性、旅行エッセイストのジョナス・亜紀子は事件と前後するようにパライソに現われた。波間は、亜紀子を求め、男としての再生を賭ける一方、汚名返上を期して単独で犯人捜しを始めるが、いつしか日本人移民史の暗部に迷いこみ…。哀歓を知ってしまった男女の恋を織り込み、衝撃的なラストまで息もつかせない待望のサントリーミステリー大賞受賞第一作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鈍色の邂逅
著作者等 丹羽 昌一
書名ヨミ ニビイロノカイコウ
シリーズ名 GENTOSHA NOVELS
出版元 幻冬舎
刊行年月 1996.11.7
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 4877289046
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想