地球温暖化監視レポート  1995

気象庁【編】

本書は、気候変動および地球環境問題に関する国内外の科学的知見を紹介したものであり、一九九五年の気候変動および地球環境問題を中心に、温室効果気体、世界および日本の気候変動、さらにオゾン層等の状況等について解説している。とくに昨年は、地球の平均気温が過去一一六年で最も高い年であり、この解析結果が記述されている。また、単に科学的知見を紹介するにとどまらず、気候変動が社会経済活動に与える影響評価や政策的対応にも資するよう、要旨を掲載するとともに、巻末にIPCC第二次報告書第一作業部会(科学的評価)担当の政策決定者向け要約の日本語訳を掲載している。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球温暖化監視レポート
著作者等 気象庁
書名ヨミ チキュウオンダンカカンシレポート : 1995
巻冊次 1995
出版元 大蔵省印刷局
刊行年月 1996.8.30
ページ数 47p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4172641954
NCID BN07712606
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想