物流施設におけるバーコード利用に関する調査報告書 : 平成8年3月

本調査は、物流事業者の情報化の促進にあたり、現状の物流事業者の情報化とバーコードの利用状況を把握するとともに、物流事業者にとっての物流バーコードの利用について検討することである。調査では、倉庫事業者に対するアンケート調査やバーコード利用事業所にヒアリング調査を行い、倉庫事業者の情報化、バーコードの利用状況や利用上の問題点や課題等、効率化を進めていくための情報化手段としてのバーコードに対する現状を把握した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 調査概要
  • 第2章 倉庫事業者の概況
  • 第3章 バーコードの種類と動向
  • 第4章 バーコード利用事例
  • 第5章 バーコード利用状況と問題点
  • 第6章 まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物流施設におけるバーコード利用に関する調査報告書 : 平成8年3月
書名ヨミ ブツリュウシセツニオケルバーコードリヨウニカンスルチョウサホウコクショ : ヘイセイ8ネン3ガツ
出版元 運輸経済研究センター
刊行年月 1996.3
ページ数 151p
大きさ 30cm(A4)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想