運輸部門における環境負荷低減のための経済的負担措置のあり方等に関する調査報告書 : 平成8年3月 運輸経済研究資料

[目次]

  • 調査の目的と概要
  • わが国におけるCO2の排出状況
  • 諸外国における炭素税の導入事例
  • モデル建築の基本的考え方
  • 輸送需要・排出量推計モデル
  • ケーススタディ
  • 今後の課題〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 運輸部門における環境負荷低減のための経済的負担措置のあり方等に関する調査報告書 : 平成8年3月 運輸経済研究資料
書名ヨミ ウンユブモンニオケルカンキョウフカテイゲンノタメノケイザイテキフタンソチノアリカタトウニカンスルチョウサホウコクショ : ヘイセイ8ネン3ガツウンユケイザイケンキュウシリョウ
出版元 運輸経済研究センター
刊行年月 1996.3
ページ数 198p
大きさ 30cm(A4)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想