広域交通ネットワークの形成に関する調査 : 東京湾横断道路の開通に伴う公共交通整備調査 報告書

本書は、「東京湾横断道路の開通に伴う公共交通整備調査」の結果をとりまとめた。千葉県側におけるかずさアカデミアパーク構想等の地域整備構想の進行や成田空港、観光資源、また、神奈川県側における人口・産業集積や横浜駅、川崎駅、羽田空港といった交通結節点の存在を背景とし、東京湾横断道路を利用した公共交通サービスとして高速バス事業を対象として、そのあり方、実現の可能性、具体的サービス、課題等について検討を行ったものである。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広域交通ネットワークの形成に関する調査 : 東京湾横断道路の開通に伴う公共交通整備調査 報告書
書名ヨミ コウイキコウツウネットワークノケイセイニカンスルチョウサ : トウキョウワンオウダンドウロノカイツウニトモナウコウキョウコウツウセイビチョウサホウコクショ
出版元 運輸経済研究センター
刊行年月 1996.3
ページ数 124p
大きさ 30cm(A4)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想