判・審決例からみた不当表示法

植木 邦之【著】

本書は、独占禁止法の補助法である「不当景品類及び不当表示防止法」(景品表示法)の規制対象のうち、不当表示の規制がどのように行われてきているかについて取りまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 表示規制法制の沿革
  • 第1章 規制対象事業者
  • 第2章 競争関係および競争
  • 第3章 表示
  • 第4章 表示の機能
  • 第5章 誤認
  • 第6章 誤認創出の手法
  • 第7章 排除命令等
  • 終章 表示規制の重要性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 判・審決例からみた不当表示法
著作者等 植木 邦之
書名ヨミ ハンシンケツレイカラミタフトウヒョウジホウ
出版元 商事法務研究会
刊行年月 1996.8.21
ページ数 187p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4785770074
NCID BN15165407
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想