発達の理論‐明日への系譜 : 発達論構築の現場に立ち会ってみよう

浜田 寿美男【編】

発達理論は今何を問題にするべきなのか、どのような方法を採用するべきなのか、何を目的にするべきなのか。12人の気鋭がその源流から検討し、自らの学問の軌跡と重ね合わせながら織り上げた分厚い絨毯。発達論の明日への展望。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 認知論の系譜
  • 2 共同性論の系譜
  • 3 現象学の系譜
  • 4 精神分析学の系譜
  • 5 エソロジーの系譜
  • 6 神経心理学の系譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達の理論‐明日への系譜 : 発達論構築の現場に立ち会ってみよう
著作者等 浜田 寿美男
書名ヨミ ハッタツノリロンアスヘノケイフ : ハッタツロンコウチクノゲンバニタチアッテミヨウ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1996.7.20
ページ数 228p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4623026035
NCID BN1476584X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想