江戸のいにしえぃしょん江戸の気分  其3

陶 智子【著】

礼法で有名な小笠原流。そこから女性向けの礼法を開発し諸大名の奥女中に食い込んだ元祖、水嶋卜也。形のないものの「伝授」は如何にされたか、水嶋流にスポットを当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「いにしえぃしょん」との出会い
  • 水嶋卜也登場
  • 伊藤甚右衛門「卜也」を語る
  • 小笠原流か水嶋流か
  • 礼法故実・武家故実
  • 水嶋流礼儀作法の詳細
  • 水嶋流の化粧法『化粧眉作口伝』
  • 江戸時代「化粧」は礼儀作法だった
  • 伝授者そして伝受者
  • 奥・おく・大奥
  • 「いにしえぃしょん」の世界へようこそ
  • すべてはそこからはじまった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸のいにしえぃしょん江戸の気分
著作者等 陶 智子
書名ヨミ エドノイニシエィションエドノキブン : 3
巻冊次 其3
出版元 桂書房
刊行年月 1996.6.22
ページ数 126p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想