胃疾患を考える : 今何が問題となっているか

並木 正義【編】

第5回大雪シンポジウム。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 Helicobacter pylori研究の進歩と展望(H.pylori感染の診断
  • H.pylori除菌法とその評価
  • H.pyloriとトピックス)
  • 2 消化管粘膜障害をめぐる研究の進歩と展望(NSAIDs惹起性胃粘膜障害の基礎と臨床
  • 分子生物学の応用)
  • 3 上部消化管運動異常の病態と治療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 胃疾患を考える : 今何が問題となっているか
著作者等 並木 正義
大雪シンポジウム
書名ヨミ イシッカンヲカンガエル : イマナニガモンダイトナッテイルカ
出版元 医学図書出版
刊行年月 1996.6.11
ページ数 195p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4871512592
NCID BN14892927
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想