消化器病と癌遺伝子

田原 栄一【編】

本書では、食道、胃、大腸、肝、膵および胆道における癌および慢性炎症と癌遺伝子について、わが国におけるトップレベルの各研究者によってそれぞれ詳しく述べられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 食道癌と癌遺伝子
  • 2 慢性萎縮性胃炎と遺伝子異常
  • 3 胃がんとK‐sam
  • 4 胃癌発生の分子機構
  • 5 大腸癌とp53
  • 6 大腸癌発生の分子機構
  • 7 消化器癌におけるテロメラーゼ-新しい癌遺伝子マーカー
  • 8 ウイルス肝炎と癌遺伝子
  • 9 肝癌発生の分子機構
  • 10 慢性膵炎における遺伝子変化-とくにc‐Ki‐ras遺伝子変異について
  • 11 膵癌と癌遺伝子
  • 12 胆道癌と癌遺伝子

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消化器病と癌遺伝子
著作者等 田原 栄一
書名ヨミ ショウカキビョウトガンイデンシ
シリーズ名 消化器病セミナー 63
出版元 へるす出版
刊行年月 1996.6.20
ページ数 169p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4892692441
NCID BN14580866
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想