サイレンス

ケージ ジョン【著】<Cage John>;柿沼 敏江【訳】

20世紀音楽最大の革命家、ジョン・ケージが、「コラージュ」「ミックス」的手法を縦横無尽に駆使した破格のテクスト形式の中で、禅、インド哲学、「異端」神学等に影響された自らの芸術哲学と、その作品と技法-「沈黙の作品」、チャンス・オペレーション、不確定性の導入等-を語り尽くす、著者の処女著作にして現代音楽最重要の書、遂に邦訳成る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • マニフェスト
  • 音楽の未来/クレド
  • 実験音楽
  • 実験音楽/教義
  • プロセスとしての作曲
  • 作曲
  • 現代音楽を予見する
  • アメリカ合衆国における実験音楽の歴史
  • エリック・サティ
  • エドガー・ヴァレーズ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サイレンス
著作者等 Cage, John
柿沼 敏江
ケージ ジョン
書名ヨミ サイレンス
出版元 水声社
刊行年月 1996.4.20
ページ数 456p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4891763396
NCID BN14543305
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想