列島の文化史  10

宮田 登【編】;塚本 学;網野 善彦【編著】;伊谷 純一郎;篠原 徹;杉本 仁;関口 博巨;竹川 大介;アンダーソン リチャード・W.【著】<Anderson Richard W.>;亀井 好恵【訳】

常に地域史の視点から国家史を相対化しつつ、歴史・民俗・考古の、分野を問わない最新の研究成果を結集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史と自然の旅人-江戸とアフリカ
  • 民俗としての選挙-世相解説学の試み
  • 弾左衛門支配と「非人」-甲斐国都留郡の事例から
  • 戦後歴史学の50年-歴史観の問題を中心に
  • 征韓論と神功皇后絵馬-幕末から明治初期の西南日本
  • 沖縄糸満系漁民の進取性と環境適応-潜水追込網漁アギヤーの分析をもとに
  • 家の記録からの歴史をめぐって-『宗尹日記』ほか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 列島の文化史
著作者等 網野 善彦
Anderson Richard W.
アンダーソン リチャード・W.
亀井 好恵
伊谷 純一郎
塚本 学
杉本 仁
竹川 大介
篠原 徹
関口 博巨
宮田 登
書名ヨミ レットウノブンカシ : 10
巻冊次 10
出版元 日本エディタースクール出版部
刊行年月 1996.3.25
ページ数 188p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4888882495
NCID BN01274630
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
4: 畏怖と賤視
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想