阪神大震災の教訓 : 検証・建造物はなぜ壊れたのか

山室 寛之;戸谷 英世;小林 一輔;須賀 好富;長谷川 武久【著】

阪神大震災で日本の「安全神話」は崩れ去った。大規模被災をもたらした原因を究明し、建設業界と行政の責任を徹底追及する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 業界をおおう手抜き欠陥工事
  • 建築物被害原因の究明と行政責任
  • コンクリート構造物は壊れるべくしてこわれた!
  • 建築構造の不具合とその教訓
  • 公共工事の抜本見直しと信頼回復にむけて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阪神大震災の教訓 : 検証・建造物はなぜ壊れたのか
著作者等 山室 寛之
小林 一輔
長谷川 武久
須賀 好富
戸谷 英世
書名ヨミ ハンシンダイシンサイノキョウクン : ケンショウケンゾウブツハナゼコワレタノカ
出版元 第三書館
刊行年月 1995.11.25
ページ数 252p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4807495313
NCID BN13548926
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想