中世の国家と教会 : カノッサからウォルムスへ 1077〜1122

ヴェルナー エルンスト【著】<Werner Ernst>;瀬原 義生【訳】

十一世紀は、ドイツ史にとってのみならず、ヨーロッパ史、ひいてはビザンツ、アラブ・イスラム史にとって、ひとつの転換点であった。古い、初期封建的構造が解体し、新しい諸力に場をゆずった。本書は、初期封建制の「皇帝時代」から、十一、十二世紀の発展した社会的国家的諸形態への移行を内容とするドイツ中世史の一駒を取扱っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 十一世紀中頃のドイツ帝国-新しい時代の入口に立つ形成諸勢力
  • 第2章 自由と支配、都市と農村、諸侯と国王、教会と世俗世界
  • 第3章 カノッサへの道
  • 第4章 王国と教会の闘争における政治とイデオロギー
  • 第5章 民衆と改革教会
  • 第6章 放棄することなき王位喪失-皇帝ハインリヒ四世の終末
  • 第7章 約束された土地への出発-第一回十字軍の夢想と現実
  • 第8章 変化せる国家形態の勝利-国家と教会の境界画定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の国家と教会 : カノッサからウォルムスへ 1077〜1122
著作者等 Werner, Ernst
瀬原 義生
ヴェルナー エルンスト
書名ヨミ チュウセイノコツカトキョウカイ : カノッサカラウォルムスヘ1077-1122
出版元 未来社
刊行年月 1995.9.25
版表示 復刊
ページ数 245,7p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4624111575
NCID BN06138152
BN14760970
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想