ライフサイクル影響評価のための概念的枠組み : インパクトアセスメント

Society of Environmental Toxicology and Chemistry【著】

本書は、環境毒物化学協会(SETAC)と、SETAC環境教育財団が、組織し、実施したライフサイクルアセスメント(LCA)の技術的な研究会の議事録を文章にしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 LCAの実用的枠組み
  • 第2章 影響評価のための実用的枠組み
  • 第3章 生態系への影響の評価-化学的・非化学的なストレス因子
  • 第4章 人間の健康に対する影響の評価
  • 第5章 資源の枯渇
  • 第6章 評価
  • 第7章 LCAのまとめ-SETAC公開討論会(1992.3.17
  • ワシントン)
  • 第8章 研究課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ライフサイクル影響評価のための概念的枠組み : インパクトアセスメント
著作者等 松橋 隆治
石谷 久
環境毒物化学協会
Society of Environmental Toxicology and Chemistry
書名ヨミ ライフサイクルエイキョウヒョウカノタメノガイネンテキワクグミ : インパクトアセスメント
出版元 丸善
産業環境管理協会
刊行年月 1995.8.1
ページ数 160p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4914953293
NCID BN13209013
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想