誘惑の天使

ロス ジョアン【作】<Ross JoAnn>;吉本 ミキ【訳】

雲の上の天国では今、二人の天使が激しい論争を繰り広げていた。ある男の命を救うために地上に下りたいと言うレイチェルに対して、彼女のいわば上司にあたる天使は、この場にとどまるべきだと主張する。「でも、これまでと違ってシェイドは最大の危機なんです」レイチェルは、シェィドが生まれたとき彼の守護天使に任命された。子供のころから危険の連続で、あげくに彼は諜報部員にまでなってしまったから、命を助けるのに大忙しだった。そして次は、無法国家に捕えられた友達を救出しに行くとか。今度ばかりは私にも助けられないかもしれない。何とか方法を考えなくては…。シェィドは、突然目の前に現れた謎の女に不信を募らせていた。内乱の続く国に、理由を聞かずいっしょに連れていってくれという。清純そうに見える女ほど驚くべき秘密を持っているものだが、この女はいったい何者なんだ。この僕に何をしようというんだ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誘惑の天使
著作者等 Ross JoAnn
吉本 ミキ
ロス ジョアン
書名ヨミ ユウワクノテンシ
シリーズ名 ハーレクイン・テンプテーション
出版元 ハーレクイン
洋販
刊行年月 1995.8.20
ページ数 188p
大きさ 17cm
ISBN 4833587440
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想