自彊術療法 その真髄と医学的効用 : 自彊術体操の根源

近藤 芳朗【著】

日本最初の健康体操「自彊術」。自彊術と表裏一体の、2人が互いに補い合う「自彊術療法」を改良・増補して図解し、この医療体術・手技療法を現代医学理論で詳しく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 按摩・導引は古代中国の医療体術である
  • 第2章 按摩・マッサージ・指圧の手技療法
  • 第3章 自彊術療法の理念
  • 第4章 図解による自彊術療法の形式
  • 第5章 自彊術療法の医療効果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自彊術療法 その真髄と医学的効用 : 自彊術体操の根源
著作者等 近藤 芳朗
書名ヨミ ジキョウジュツリョウホウソノシンズイトイガクテキコウヨウ : ジキョウジュツタイソウノコンゲン
出版元 朝日ソノラマ
刊行年月 1995.7.31
版表示 改訂新版
ページ数 206p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4257034378
NCID BN14570738
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想