花嫁の条件

ヘリントン テリー【作】<Herrington Terri>;大沢 満里子【訳】

数百人もの聴衆の前で、ブリットは言い負かされてしまった。まったく信じられないわ。独身女性の自立と自己実現を訴えるコンサルタントのわたしが、新聞等で全米中に花嫁候補を募集したこんな臆面もない男に、ていよく言いくるめられるなんて。花嫁の条件は、"ブルネットで高学歴、三カ国語以上をあやつり、おいしいブラウニーが焼ける、家庭環境のしっかりした女性"応募者はなんと八千人。ジョー・ディロンは、電気製品販売チェーンの経営者として有名な成功者で、たしかにちょっとセクシーだけど、だからってこんな男に、あられもない売り込みをする哀れな女性がこんなにいるなんて…。きつい言葉を投げるブリットに、ジョーは言い放った。「きみはぼくの好みのタイプではないが、もしそうなら、十秒で落としてみせる」そしていきなり彼女の唇を奪った。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 花嫁の条件
著作者等 Herrington Terri
大沢 満里子
ヘリントン テリー
書名ヨミ ハナヨメノジョウケン
シリーズ名 シルエット・ロマンス
出版元 ハーレクイン
洋販
刊行年月 1995.7.20
ページ数 156p
大きさ 17cm
ISBN 4833522543
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想