となりの創価学会 : 内側から見た「学会員という幸せ」

米本和広[ほか]

部外者には理解しがたい池田大作名誉会長のカリスマ性とは。いくら叩かれてもビクともしない組織の強さの秘密とは。会員の七割を超える二世・三世たちの悩みとは。-創価学会を現場からとらえた初めての試み。90年代の宗教を考えるシリーズ第1弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 知られざる創価学会
  • 2 学会の難問
  • 3 信濃町学会本部・その実像と虚像
  • 4 学会員という生き方
  • 5 信仰する理由

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 となりの創価学会 : 内側から見た「学会員という幸せ」
著作者等 米本 和広
書名ヨミ トナリノソウカガッカイ : ウチガワカラミタガッカイイントイウシアワセ
出版元 JICC出版局
宝島社
刊行年月 1995.7.12
ページ数 271p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4796692258
NCID BN12639968
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想