古代日本にカバラが来ていた : 現代に及ぶ預言の謎

北 卓司【著】

日本の黎明期、カバラを携えた人々が渡来し平安の国を建てようとした。歴史は皮肉にも人々の意図を歪曲したが、預言は遺って、現代に成就の時を迎えようとしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 封印された地上絵
  • 第2章 古事記と超古代史
  • 第3章 渡来前秘史
  • 第4章 カバラに誘われた日本古代史
  • 第5章 現代への預言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代日本にカバラが来ていた : 現代に及ぶ預言の謎
著作者等 北 卓司
書名ヨミ コダイニホンニカバラガキテイタ : ゲンダイニオヨブヨゲンノナゾ
出版元 鹿砦社
刊行年月 1995.5.20
ページ数 234p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4846300803
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想