随想  4 紀行

小川 国夫【著】

闇に射す言葉の光、明晰な幻視者・小川国夫の文学。南仏、スペイン、ギリシア、陽光漲る地中海へ。二十六歳のヨーロッパ放浪で旅の虜になった青年は、その後も渡欧を重ね、北アフリカ、イスラエルそして日本の各地を巡った。『なだれる虹』『予期しない照明』ほか、「この世の旅人」による全紀行集成。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 随想
著作者等 小川 国夫
書名ヨミ ズイソウ : 4 キコウ
シリーズ名 小川国夫全集 13
巻冊次 4 紀行
出版元 小沢書店
刊行年月 1995.3.30
ページ数 544p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想