日本経済の現状  1995年版

現代日本経済研究会【編】

90年代初頭からの不況から脱出して、世界経済は回復、拡大基調を定着させてきた。なかでもアメリカ経済の好調と日本には関係の深い東アジア経済圏の高成長がめだつ。だがドル安・円高で日本経済は打撃を受け、世界的にみても大量失業問題は未解決のままである。そこで本書は世界的景気回復の問題点は何かを特集した。世界経済のなかでの日本経済の諸問題を対外関係、産業・企業、財政、金融、労働、社会保障の現状を解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 特集 世界的景気回復の問題点は何か(雇用・失業問題を改善できない資本主義世界
  • アメリカの金融バブル好況とその行き詰まり ほか)
  • 第2部 日本経済の諸問題(円高で変わる日本の対外経済関係
  • 空洞化の兆候が強まる産業・企業 ほか)
  • 第3部 研究・資料(「東アジア経済圏」の形成と展開
  • 日本電子・電機企業の海外事業展開の現状 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本経済の現状
著作者等 現代日本経済研究会
書名ヨミ ニホンケイザイノゲンジョウ : 1995
巻冊次 1995年版
出版元 学文社
刊行年月 1995.3.30
ページ数 275p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4762005711
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想