永井荷風 作家論  1

磯田 光一【著】

昭和の思想と文学の状況を見据え、透徹した認識と的確な分析によって同時代の批評界を先導した文芸評論家・磯田光一。「殉教の美学」から遺作「萩原朔太郎」まで、旺盛な批評活動を跡づける著作集。-本巻には、「永井荷風」ほか、漱石、荷風、谷崎、芥川、小林秀雄をめぐる全論考を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 永井荷風
  • 作家論(夏目漱石論考
  • 永井荷風論考
  • 谷崎潤一郎論考
  • 芥川龍之介論考
  • 小林秀雄論考)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永井荷風 作家論
著作者等 磯田 光一
書名ヨミ ナガイカフウサッカロン : 1
シリーズ名 磯田光一著作集 6
巻冊次 1
出版元 小沢書店
刊行年月 1995.3.20
ページ数 595p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想