デイヴィド・ヒューム 人性論 : 第1篇 知性に就いて  2 ~ 下

ヒューム デイヴィド【著】<Hume David>;大槻 春彦【訳】

第一冊に引続き、精神の知的側面の総称である知性(悟性)を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1節 理知に関する懐疑論に就いて
  • 第2節 感官に関する懐疑論に就いて
  • 第3節 古代哲学に就いて
  • 第4節 近代哲学について
  • 第5節 精神の非物質性に就いて
  • 第6節 人格の同一性に就いて
  • 第7節 本篇の結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デイヴィド・ヒューム 人性論 : 第1篇 知性に就いて
著作者等 Hume, David
大槻 春彦
ヒューム デイヴィド
書名ヨミ デイヴィドヒュームジンセイロン : ダイイッペンチセイニツイテ : ゲ
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次 2

出版元 岩波書店
刊行年月 1995.3.8
ページ数 181,18p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 400336192X
NCID BN01044991
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想