マルクス : 読みかえの方法

吉本 隆明【著】

東欧社会主義の崩壊、ソ連邦の解体、そして爛熟化し未知の段階に入った高度消費資本主義社会-いまマルクスのなかに何を読みうるか。マルクス主義の「アジア的」展開の孕む問題を解析することを通して、時代を読み解く視点を打ち出す透徹した思考。告知される普遍としての世界最高峰の思想の質と地平。単行本未収録インタビュー集成第三弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • マルクス者とキリスト者の対話
  • 「マルクス」-読みかえの方法
  • 未来国家のキーワード
  • 「アジア的」ということと現在
  • 社会主義国家体制の崩壊と一般大衆の理念
  • 資本主義の死に立ち会える思想
  • ポスト消費社会へ突入した日本
  • 消費資本主義の終焉から贈与価値論へ
  • 「転向」の解体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクス : 読みかえの方法
著作者等 吉本 隆明
書名ヨミ マルクス : ヨミカエノホウホウ
シリーズ名 インタビュー集成 3
出版元 深夜叢書社
刊行年月 1995.2.20
ページ数 285p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN12395444
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想