四季紀行 ひとり旅の記憶

海老沢 澄夫【著】

オホーツクの海を眺めるハマナスの花、熱い夜に吹く群上八幡の踊りの大輪、那智ノ滝にかかる七色の虹…。北海道から九州まで、全国各地の風土と旅情を愛す旅の随想集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 安曇野の春
  • 鎌倉プロムナード
  • 花の大和路、5つの寺
  • りんごの花咲く頃
  • 紫幻想-千曲川源流の村
  • 郡上八幡・夏の夜の宴
  • 北の大地〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 四季紀行 ひとり旅の記憶
著作者等 海老沢 澄夫
書名ヨミ シキキコウヒトリタビノキオク
出版元 随想舎
刊行年月 1994.11.1
ページ数 295p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想