「荒城の月」殺人事件

斎藤 栄【著】

会津若松の山林王・内山家で残虐な連続殺人事件が起こる。長男の市郎一家が放火により全員が死亡、続いて次男夫妻もボート火災により死亡する。さらに四男の娘が誘拐され、身代金を要求される。事件解明に乗り出した二階堂日美子は、莫大な遺産を残す父の次郎の遺言に謎を解く鍵があると推理する。「荒城の月」の歌詞に託されたメッセージとは。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「荒城の月」殺人事件
著作者等 斎藤 栄
書名ヨミ コウジヨウノツキサツジンジケン
シリーズ名 広済堂文庫
出版元 廣済堂出版
刊行年月 1994.12.1
ページ数 261p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 433160439X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想