海の街道  下

童門 冬二【著】

"「人間はどんな時代になっても、国と国の間に、人と人の間に垣根をつくりたがります。自分の心の中にもいつの間にか囲いをつくって、そこから出ようとしなくなる。そういう境をどんどん突き破って、海の街道を自ら先頭に立って進んで行こうとする精神はこれからますます必要になってくるんですよ」龍馬はそういって遠くを見た。"…人間の可能性を開くとは。国際間貿易や外交における国際道とは。"道"の実現に唯一武力なき日本の果たす役割とはなにかを問う著者ひさびさの本格的長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海の街道
著作者等 童門 冬二
書名ヨミ ウミノカイドウ : ゲ
巻冊次
出版元 学陽書房
刊行年月 1994.11.15
ページ数 291p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4313850740
NCID BN12809580
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想