地霊の旅 : 評伝D・H・ロレンス  3

井上 義夫【著】

シチリア、メキシコ、オーストラリアへ。世界を漂泊するロレンスの魂が、地霊と交感しながら、生物、花々と共有したやすらぎの時間。『チャタレー夫人の恋人』『アポカリプス』執筆にいたる日々を、大量の未公開資料を駆使して綿密に再現する。病める現代文明治癒のヴィジョンを壮大に描きあげた力作長篇評伝(三部作)完結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 滞る日々
  • 2 『恋する女』とオカルティズム
  • 3 フィレンツェ、ローマ、ピチニスコ
  • 4 カプリの窓
  • 5 『ヨーロッパ史の諸運動』『精神分析と無意識』『国民教育論』
  • 6 シチリアの朝-タオルミーナ
  • 7 冥府の風-ファシズムの芽〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地霊の旅 : 評伝D・H・ロレンス
著作者等 井上 義夫
書名ヨミ チレイノタビ : ヒヨウデンDHロレンス : 3
巻冊次 3
出版元 小沢書店
刊行年月 1994.10.10
ページ数 488,24p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想