戦後世界システムの転換

経済理論学会【編】

[目次]

  • 戦後世界システムの転換-先進国間関係を中心に(「パクス・アメリカーナの終焉」と日本-アメリカ通商政策を中心として
  • ポスト冷戦下の「地域主義」とEC統合)
  • 論文(貨幣による労働の代替
  • 剰余条件の経済的意味
  • 結合生産の難問をめぐって
  • 階級対立と一つの景気循環モデル
  • 日本型システムと青い鳥症候群-コリア『逆転の思考』の評価をふまえて ほか)
  • 分科会報告(現代の貨幣(1)
  • 高度情報化と経済(1)
  • 価値論の展開(1)
  • 景気循環論
  • 日本的経営
  • 自由論題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後世界システムの転換
著作者等 経済理論学会
書名ヨミ センゴセカイシステムノテンカン
シリーズ名 経済理論学会年報 第31集
出版元 青木書店
刊行年月 1994.10.1
ページ数 354p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4250940241
NCID BN11418522
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想