肝移植チームのためのプラクティカル肝移植術 : One step、One leap

蓮池 康徳【著】

本書の特色は全過程をわかりやすい図でまとめていることで、必ずしも医学的知識がなくても理解できるように書かれていることであろう、すなわち外科医のみならず、看護婦や移植コーディネーター、さらに患者やその家族にも容易に理解できるような手術書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 レシピエント手術(ブックウォルターリトラクターの装着
  • 開腹
  • 肝門部処理
  • 静脈バイパスのためのカニュレーション ほか)
  • 2 レシピエント(小児)手術
  • ベンチ・サージャリー
  • ドナー手術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝移植チームのためのプラクティカル肝移植術 : One step、One leap
著作者等 蓮池 康徳
門田 守人
書名ヨミ カンイシヨクチ-ムノタメノプラクテイカルカンイシヨクジユツ : ONE STEP ONE LEAP
出版元 メディカ出版
刊行年月 1994.8.25
ページ数 125p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4895733637
NCID BN11269309
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想