汽笛のころ

田屋 長助【著】

本書は、鉄道マンとして庫内手から機関助士見習い、そして機関士となり、その中に軍隊生活や終戦直後の食糧難を経て、動力(電気)近代化への時代の流れに目覚め、電気の勉強を始め、世界用語となっているシンカンセン(新幹線)の職務へと転進する自分史を通じての日本の近代化への挑戦の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ふるさと
  • 農作業
  • おもつり
  • 神々の年越し
  • 小学生のころ
  • 神々の出征
  • 昔ばなし
  • 煙山翁のこと
  • 鉄道へ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 汽笛のころ
著作者等 田屋 長助
書名ヨミ キテキノコロ
出版元 盛岡タイムス社
刊行年月 1994.6.15
ページ数 122p
大きさ 22×16cm
ISBN 494405310X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想