慢性肝炎の組織像、ウイルスマーカー、治療

犬山シンポジウム記録刊行会【編】

[目次]

  • 1 慢性肝炎の組織学的分類の再検討(慢性肝炎の新しい分類
  • 病因からみた慢性肝炎の形態学的特徴)
  • 2 HCVマーカーの臨床的意義
  • 3 パネルディスカッション-慢性肝炎<B型およびC型>の治療(インターフェロン治療の限界と対策
  • B型慢性肝炎に対するIFN治療の再検討
  • 進展慢性肝炎の治療
  • 高HCV‐RNA血症例に対するIFN療法
  • IFN療法とHCV遺伝子多様性
  • IFN再投与対象例の選択
  • IFN治療法別著効率<2型>)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 慢性肝炎の組織像、ウイルスマーカー、治療
著作者等 犬山シンポジウム
犬山シンポジウム記録刊行会
書名ヨミ マンセイカンエンノソシキゾウウイルスマ-カ-チリヨウ
出版元 中外医学社
刊行年月 1994.7.10
ページ数 181p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4498084284
NCID BN11124995
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想