薔薇の滴り

北原 双治【著】

先輩の代理で前衛華道のパーティに出席した村尾栄進は、岡庭理恵子と名乗る女と知り合う。会場を出て二人きりになった時、村尾は理恵子から、自分は不感症で、感じさせてくれる男を探している、と打ち明けられる。不安と期待が交錯するなか、村尾は理恵子をラブホテルにいざない、理恵子の願いを叶えようと白い女体に挑むが…『薔薇の滴り』。ほか六篇を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薔薇の滴り
著作者等 北原 双治
書名ヨミ バラノシタタリ
シリーズ名 オリオン文庫
出版元 徳間オリオン
徳間書店
刊行年月 1994.7.31
ページ数 253p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4198990085
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
女哭 北原 双治
姦淫鬼 北原 双治
淫楽の萌し 北原 双治
犬月の淫装 北原 双治
白き女豹 北原 双治
薔薇の滴り 北原 双治
邪淫の交歓 北原 双治
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想