日本における民衆と宗教

孝本 貢;圭室 文雄;根本 誠二;林 雅彦【著】

行基伝承・勧進聖・絵解き・開帳・お札くばり・弘法大師信仰・高野聖・沙弥・時衆・遊行廻国・先祖祭祀・葬制・墓制などのキーワードが象徴する民衆信仰の実相を追求する。教団・教義史にとらわれない民衆の側からの信仰への欲求に視点をすえた共同研究活動の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 行基伝承の展開
  • 2 善光寺信仰と教化-開帳・絵解き・『略縁起』、そして阿弥陀池
  • 3 高野山信仰の展開
  • 4 遊行上人の廻国布教
  • 5 現代日本社会における先祖祭祀-沖縄社会・在日コリアン社会との比較

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本における民衆と宗教
著作者等 圭室 文雄
孝本 貢
林 雅彦
根本 誠二
書名ヨミ ニホンニオケルミンシユウトシユウキヨウ
シリーズ名 明治大学人文科学研究所叢書
出版元 雄山閣出版
刊行年月 1994.6.20
ページ数 276p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4639012276
NCID BN10920452
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想