水色の犬

北方 謙三【著】

「生きてるのがつまらないという顔をしてるな」無為な日常のある日、俺に声をかけてきた爺さんは、クラブのジャズピアニストをやる裏で、薬を売っていた。縁という言葉は嫌いだが、俺は爺さんの仕事を手伝い始めた。小さな取引。金が欲しかった訳じゃない。だが昔有名だった爺さんには、ニューヨークで羽振りよく暮らすという夢があった。そして賭けに出た。仕事は大きく、それに危かった。長篇ハードボイルド。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水色の犬
著作者等 北方 謙三
書名ヨミ ミズイロノイヌ
シリーズ名 徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 1994.6.15
ページ数 313p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 419890135X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想