呪医

西村 寿行【著】

校庭の橡の木が伐られる。広久少年はショック症状を起こした。伐採の日、現場監督がチェーンソーで足を切断した。「ぼくがやった、町は幽霊町になる」と言い残して広久は姿を消した。祖父の中馬小吉は日本で唯一<樹医>と呼ばれる庭師。広久が橡との同化体験を持つ事を知っていた。広久は、樹木は、一体何を訴えようとしているのか?凶々しい事件が起こり、人々は広久を悪魔と呼び始めた。長篇ハードロマン。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 呪医
著作者等 西村 寿行
書名ヨミ ジユイ@ウイツチ.ドクタ-
シリーズ名 徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 1994.6.15
ページ数 317p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4198901422
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想