吉野ケ里

佐賀県教育委員会【編】

日本考古学史上最大の発掘と注目を集めた吉野ケ里遺跡。弥生から中世に至る複合遺跡で、特にこれまで想定されてきた牧歌的弥生集落のイメージを一変させたことは記憶に新しい。本書は、多年にわたる調査成果を、環濠集落・墳丘墓と膨大な出土遺物を中心に歴史時代も含め、豊富な図版で再現。その全容を報告する。今後の弥生・邪馬台国研究の基本資料。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 本文編(吉野ケ里遺跡の環境と調査の経過
  • 吉野ケ里遺跡各地区の概要
  • 主な出土遺物
  • まとめと今後の問題点
  • 吉野ケ里遺跡出土資料の理化学的分析)
  • 図版編(遺構
  • 遺物)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉野ケ里
著作者等 佐賀県教育委員会
書名ヨミ ヨシノガリ
出版元 佐賀県教育委員会
吉川弘文館
刊行年月 1994.5.10
ページ数 2冊
大きさ 31cm
ISBN 4642076255
NCID BN10688306
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想