アルプス殺人舞台

梓 林太郎【著】

四十半ばをすぎた鵜ノ木は、例年通り涸沢を目指して北アルプスに入った。そこで二十五歳の青年、安西と出会い、蝶ケ岳へ同行することになった。登山に未熟な安西をリードしようとする鵜ノ木だが、血気盛んな若者と歩調を揃えるのは困難な年齢になっていたのだ。やがて天候が急変、視界不良となり径に迷ってしまう。さらに不運は続き、鵜ノ木は足に怪我を負ってしまうのだった。次第に二人の間に生じ始める不協和音。ついに安西は動けない鵜ノ木を残し、山を下りていった…。『九月の渓で』ほか、自選傑作五篇を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルプス殺人舞台
著作者等 梓 林太郎
書名ヨミ アルプスサツジンブタイ
シリーズ名 トクマオーノベルス
出版元 徳間オリオン
徳間書店
刊行年月 1994.4.30
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4198500800
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想