上野千鶴子著『マザコン少年の末路』の記述をめぐって

河合文化教育研究所【編】

[目次]

  • 『マザコン少年の末路』
  • 「自閉症」と「母性神話」
  • 「自閉症」をまるごと受けとめることからの出発
  • 上野千鶴子さんとの話し合いについて
  • 高槻自閉症児親の会から
  • 差別の土壌・構造を変えていくために-予備校の現場から
  • 「差別偏見を助長する」本という抗議を受けて-編集する側の立場で
  • 参考資料(「自閉症」との出会い
  • 街角であたりまえに生きぬくために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 上野千鶴子著『マザコン少年の末路』の記述をめぐって
著作者等 河合文化教育研究所
書名ヨミ ウエノチズコチヨマザコンシヨウネンノマツロノキジユツオメグツテ
出版元 河合出版
河合文化教育研究所
刊行年月 1994.4.1
ページ数 140p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4879999822
NCID BN10823886
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想