ファン・ボーベン国連最終報告書 : 人権と基本的自由の重大な侵害を受けた被害者の原状回復、賠償および更生を求める権利についての研究

ファン・ボーベン テオ【著】;荒井 信一【解説】

[目次]

  • 1 研究の目的と範囲、関心と注意を払った特殊な問題
  • 2 関連する現行国際規範
  • 3 国家責任
  • 4 国際人権機関による関連する決定と見解
  • 5 イラクによるクウェートにたいする違法な侵略と占領によってもたらされた人権と基本的自由の重大な侵害の被害者にたいする賠償
  • 6 国内法と慣行
  • 7 大規模な人権侵害の犠牲者の賠償の権利からみた刑事免責
  • 8 最終所見・結論と勧告
  • 9 基本的な原則と指針についての提案

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ファン・ボーベン国連最終報告書 : 人権と基本的自由の重大な侵害を受けた被害者の原状回復、賠償および更生を求める権利についての研究
著作者等 荒井 信一
ファン・ボーベン テオ
書名ヨミ フアンボ-ベンコクレンサイシユウホウコクシヨ : ジンケントキホンテキジユウノジユウダイナシンガイオウケタヒガイシヤノゲンジヨウカイフクバイシヨウオヨビコ
出版元 日本の戦争責任資料センター
刊行年月 1994.1.20
ページ数 63p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想