地涌からの通信 : 日蓮正宗中枢の傲慢と戦う  28

不破 優【著】

[目次]

  • 息子二人は僧、娘二人は僧の妻、福徳あふれるはずの母が日顕の誕生日になんと全裸の凍死体となって発見された
  • 十二月二十八日に創価学会青年部代表との法論を確約していた妙観講講頭の大草が貫禄負けして土俵にも上がらず逃げた
  • 宗内きってのメモ魔・河辺慈篤自筆の極秘メモによって日顕一派の悪だくみ「C作戦」の存在が完全に裏づけられた
  • 日顕が創価学会首脳のみならず信徒たる創価学会員を騙し果ては宗内の僧まで歎いたことは「河辺メモ」により明らか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地涌からの通信 : 日蓮正宗中枢の傲慢と戦う
著作者等 不破 優
書名ヨミ ジユウカラノツウシン : ニチレンシヨウシユウチユウスウノゴウマントタタカウ : 28
巻冊次 28
出版元 はまの出版
刊行年月 1994.3.25
ページ数 230p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 489361164X
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想