ゲマインシャフトとゲゼルシャフト : 純粋社会学の基本概念  上

テンニエス F.【著】<T¨onnies Ferdinand>;杉之原 寿一【訳】

テンニエスは人間の意志を本質意志と選択意志に区分し、この二典型に対応して社会を実在的有機的生活としてのゲマインシャフトと観念的機械的構成体としてのゲゼルシャフトに区別して社会生活の根本問題を分析する。19世紀における合理主義と歴史主義の対立の克服綜合を試みた社会科学における不滅の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 主要概念の一般的規定(ゲマインシャフトの理論
  • ゲゼルシャフトの理論)
  • 第2篇 本質意志と選択意志(人間の意志の諸形式)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲマインシャフトとゲゼルシャフト : 純粋社会学の基本概念
著作者等 Tönnies, Ferdinand
杉之原 寿一
Tonnies Ferdinand
テンニエス F.
書名ヨミ ゲマインシヤフトトゲゼルシヤフト : ジユンスイシヤカイガクノキホンガイネン : ジヨウ
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.2.17
ページ数 225p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4003420713
NCID BN00913315
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想