C型慢性肝炎のインターフェロン療法

有馬 暉勝【編】

[目次]

  • 1 用法と用量
  • 2 高齢者および小児におけるC型慢性肝炎のインターフェロン療法
  • 3 自己免疫疾患患者
  • 4 アルコール常飲者
  • 5 他剤との併用療法
  • 6 B型との重複感染例
  • 7 肝硬変を伴った患者
  • 8 組織像と効果
  • 9 HCV genotypeとIFN治療効果
  • 10 インターフェロン-外来投与の実際
  • 11 効果の判定
  • 12 間質性肺炎の予知・診断・治療
  • 13 再投与の適応
  • 14 病診連携
  • 15 インターフェロン療法中の肝細胞癌のスクリーニング
  • 16 有効例と無効例の検討

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 C型慢性肝炎のインターフェロン療法
著作者等 有馬 暉勝
書名ヨミ Cガタマンセイカンエンノインタ-フエロンリヨウホウ
シリーズ名 消化器病セミナー 53
出版元 へるす出版
刊行年月 1993.12.15
ページ数 162p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4892692034
NCID BN10071736
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想