方丈記殺人事件

斎藤 栄【著】

「方丈記」の研究者である宇賀神助教授が、自らの命の危険を訴える手紙を残して失跡した。手紙を受け取った後輩の一色昇は、宇賀神の妻の純子に事情を聞きながら宇賀神の行方を追う。一方、純子の知人でサラ金の女社長が、常楽寺三重塔で死体で発見された。はたして2つの事件のつながりは?古典の謎を巧みにミステリーに取り入れた著者の代表作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 方丈記殺人事件
著作者等 斎藤 栄
書名ヨミ ホウジヨウキサツジンジケン
シリーズ名 広済堂文庫
出版元 廣済堂出版
刊行年月 1993.12.1
ページ数 366p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4331603857
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想