実践理性と法

日本法哲学会【編】

[目次]

  • 発題-1992年度日本法哲学会学術大会統一テーマについて
  • 論説(知慮と自然法
  • 法的弁証とレトリック
  • 実践的推論と『法と経済学』
  • 英米裁判官の実践的司法哲学
  • ドイツ法学における理論と実践)
  • コメント シンポジウム(植松・稲垣報告へのコメント
  • 林田報告「実践的推論と『法と経済学』」へのコメント
  • 松平光央報告「英米裁判官の実践的司法哲学-Sir Edward CokeのArtificial Reasonの理念と役割-」に対するコメント
  • 石部報告へのコメント ほか)
  • 分科会(私有財産と私的領域
  • ネオ・リーガル・プラグマティズムの可能性
  • 人間関係の相互性と判断における中立性の分離
  • 普遍化可能性テーゼの有効射程
  • 法的思考と実践理性
  • キケロと「農地法」)
  • 研究ノート(義務と動機づけの問題についての一試論
  • 契約違反と受約者の権利<序論>)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実践理性と法
著作者等 日本法哲学会
書名ヨミ ジツセンリセイトホウ
出版元 有斐閣
刊行年月 1993.10.30
ページ数 202p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641027064
ISSN 03872890
NCID BN09997890
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想