正倉院文書研究  1

正倉院文書研究会【編】

正倉院文書は奈良の正倉院に伝来した文書群で、政治法制・社会経済から諸文化に及び、奈良時代の研究に不可欠の史料である。本書は正倉院文書研究会による初の論文集。研究者必備の文献目録も併せて収載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 紫香楽宮写経に関する一考察
  • 百部最勝王経覚書
  • 優婆塞(夷)貢進制度の展開
  • 天平宝字二年における御願経・知識経書写関係史料の整理と検討 上
  • 称徳・道鏡政権下の写経体制
  • 正倉院文書関係文献目録 1

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正倉院文書研究
著作者等 正倉院文書研究会
書名ヨミ シヨウソウインモンジヨケンキユウ : 1
巻冊次 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1993.11.1
ページ数 169,39p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4642089217
NCID BN09917304
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想